医学ボランティア会

会員登録―ページ編集中

会員登録される方は、下記の会員規約をお読みいただいた上で、必要事項をご記入いただき、 必要事項をご記入いただき、一番下の【上記規約に同意し、内容を確認】をクリックしてください。
  
本規約は、医学ボランティア会(以下「本会」という。)が管理するウェブサイト上で提供する医学ボランティア会員ID及びパスワードを利用したすべてのサービス(以下「本サービス」という。)を利用するに当たっての貴方の権利と義務が規定されています。

登録申込に際して、【上記規約に同意し、内容を確認】ボタンをクリックされると、貴方が本規約の全ての条件に同意されたことを意味します。
  
※個人情報の取り扱いについて(必ずお読み下さい)
※登録及び本サービスの利用は全て無料となっております。
※実際に健康診断を受診して頂く際、又は参加して頂く際には、書面の入会申請書・身分証明書のコピーを頂きます。
※募集地域は東京、神奈川、埼玉、千葉に限定させていただいております。

会員規約

第1条(本規約の適用範囲及び変更)

本規約は、本サービスの利用者に適用されます。利用者は、本登録フォームの「同意する」ボタンをクリックすることで本規約の内容への同意を表明し、本規約の内容を承諾しているものとみなされます。なお、医学ボランティア会員の申込手続きについては、第4条の規定によります。
当会において試験参加する場合、試験を委託する企業等(以下「依頼企業等」という。)が別途、個別規定を設定する場合があります。この場合、当該個別規定は本規約と一体となり効力を有します。また、本規約と個別規定が異なる場合には、個別規定が優先するものとします。なお、当会は、当該個別規定を第2条の規定に従い利用者に通知するものとします。

第2条(通知及び同意の方法)

当会から利用者への医学ボランティア会運営に関する通知(規約の改訂、サービスの追加、変更及び廃止等を含む)は、当会からの電子メール又はトップページ(URL:http://www.mvn.jp/により行われるものとします。
前項の通知が電子メールで行われる場合、利用者が第4条の定めに従い登録申込時に登録し又は同条4項の定めに従い変更した電子メールアドレス宛の発信をもって通知を完了したものとみなします。
本条1項の通知がトップページ上の掲示で行われる場合、当該通知がトップページ上に掲示された時点をもって利用者への通知が完了したものとみなします。

第3条(提供サービス)

利用者は、医学ボランティア会員ID及びパスワードを利用することにより、以下のサービスを利用することができます。

  1. 治験情報の閲覧
  2. 会員用メールマガジン ※現在休止中

当会は、前条に定める通知をもって、前項に定める本サービスのメニューを追加又は削除することができます。

第4条(医学ボランティア会員の申込及び申込内容の変更)

本サービスの利用希望者は、登録フォーム上から所定の手順に従って、本人が医学ボランティア会員の申し込み(以下「登録申込」といいます)を行います。
本サービスの利用希望者は、登録申込に関して、利用者自身に関する情報をすべて正確に提供するものとし、登録した情報は本規約の定めに従い常に最新、完全かつ正確に保つことにどういするものとします。
前項の登録内容に不備があったことで利用者が不備を被ったとしても、当会は、一切その責任を負いません。
利用者は、登録申込において登録した内容に変更があった場合には、速やかに所定の変更を行うものとします。
利用者は、前項の変更を怠った場合に、当会からの通知が不到達となっても、通常到達すべきときに到達したとみなさらることを予め意義なく承認するものとします。
※個人情報の取り扱いについて(必ずお読み下さい)

第5条(医学ボランティア会員申込の承認)

利用希望者が、第4条に規定する登録申込を行った後、当会は、その内容を承認した場合、利用希望者に対してID及びパスワードをe-maiで通知します。
利用希望者は医学ボランティア会員ID及びパスワードの発行日をもって、本規約の定めに従い利用者の資格を取得し、本サービスを利用できるものとします。
当会は、利用希望者が以下の項目に該当する場合、利用希望者による登録申込を拒絶することができるものとします。

  1. 利用希望者が、過去において当会が提供するサービスに関する利用規約規範等により、利用者資格の取り消しを受けている場合。
  2. 申込内容に虚偽、誤記又は記入もれがあった場合。
  3. その他、当会が、利用希望者を利用者とすることを不適当と判断する場合。

医学ボランティア会員の有効期間は、無期限とし、会員IDの登録料は無料とします。
利用者は、自己の責任と負担において、本サービスを利用するものとします。

第6条(医学ボランティア会員ID、パスワードの管理義務)

利用者は、登録申込後当会が利用者に付与する、医学ボランティア会員ID及び登録したパスワードの使用及び管理について一切の責任を負うものとし、第三者に利用させたり、貸与、譲渡等をしたりしてはならないものとします。
医学ボランティア会員ID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は利用者が負うものとし、当会は一切責任を負いません。利用者は、自己の設定したパスワードを失念した場合は直ちに当会に申し出るものとし、当会の指示に従うものとします。
利用者は、医学ボランティア会員ID及びパスワードが盗まれた、もしくは第三者に使用されていることを知った場合には、直ちに当会にその旨を連絡するとともに、当会からの指示がある場合には、これに従うものとします。
当会は、利用者のID及びこれらに対応するパスワードが他の第三者に使用されたことによって当該利用者が被る被害については、一切の責任を負いません。

第7条(登録情報の使用)

当会は、利用者が登録申込の際に登録した情報及び利用者が本サービスを利用する過程において当会が知り得た情報(参加履歴及びサーバ通信履歴等)を本サービス提供の目的のために使用することができるものとします。
前項の規定の適用を妨げることなく、以下の項目に該当する場合を除き、当会は、前項で規定される利用者の情報を第三者に開示しないものとします。

  1. 利用者が、個人情報の開示について別途明示的に同意している場合。
  2. 当会が法令及び国家機関等により開示が求められた場合。
  3. 利用者が本サービスで提供する各種試験に申し込みされた場合。
  4. 当会が、当面の関連組織に本サービスの運営委託、営業譲渡等を行う場合。

第8条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。

  1. 当会もしくは依頼企業等の権利を侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。
  2. 当会もしくは依頼企業等の財産を侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。
  3. 上記「1」「2」の他、当会もしくは依頼企業等に損害を与える行為、及び与えるおそれのある行為。
  4. 医学ボランティア会員ID及びパスワードを不正に使用する行為。
  5. コンピュータウィルス等の有害なプログラムを本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用し、もしくは提供する行為。
  6. 法令に違反する又は違反するおそれのある行為。
  7. その他、当会が不適切と判断する行為。

第9条(利用者資格の中断・取り消し)

利用者が以下の項目に該当する場合、当会は、事前に通知することなく、直ちに当該利用者の利用者資格を中断又は将来に向かって取り消すことができるものとします。ただし、当該利用者が登録申込の取り消し及び医学ボランティア会員の抹消日までの本サービスを利用した場合で、かつ、第3条に限定するサービスの利用又は試験参加に係る同意(以下「会員規約」といいます)が有効に成立している場合においては、当該利用者は、当該会員規約について、当該サービス等の提供者に対して債務を負担するものとします。

  1. 登録申込において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合。
  2. 第8条で禁止している事項に該当する行為を行った場合。
  3. 本規約に違反した場合。
  4. その他、利用者として不適切と当会が判断した場合。

当会が、前項の措置を取ったことで、当該利用者が本サービスを利用できず、これにより損害が発生した場合でも、当会は一切責任を負いません。

第10条(損害賠償)

利用者は、利用者が本規約及び法令の定めに違反したことにより、当会及び依頼企業並びに第三者に損害を及ぼした場合、当該損害を賠償する責任を負うものとし、当会及び依頼企業並びに第三者を免責することに予め同意します。
第8条1項及び2項に該当する利用者の行為によって、当会及び依頼企業等並びに第三者に損害が生じた場合、利用者資格を喪失した後であっても、利用者は、すべての法的責任を負うものとし、当会に迷惑をかけないものとします。

第11条(提供されるサービス等の免責)

利用者は、本サービスにおいて、依頼企業等により提供されるサービス等(以下「サービス等」という。)に係る瑕疵担保責任を含む一切の法的責任が当該サービス等を提供した当会又は依頼企業等に帰属していることに同意します。

第12条(利用者資格の喪失)

利用者が本サービス利用の終了を希望する場合には、所定の方法にて当会へ届け出るものとします。利用者は、当会からの登録終了通知の送信をもって本規約に基づく利用者としての資格を喪失するものとします。但し、この場合であっても、資格喪失までに利用者が利用した本サービスについては、本規約の適応があるものとします。

第13条(サービス条件の変更、中止・中断)

当会は、本サービスの運営に関し、必要と認める場合、当会の裁量において、本サービスへのアクセスを制限することができます。
当会は、以下の事項に該当する場合、本サービスの運営を中止・中断できるものとします。

  1. 本サービスのシステムの保守を定期的に又は緊急に行う場合。
  2. 戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供が通常どおりできなくなった場合。
  3. その他、当会が、本サービスの運営上、一時的な中断を必要と判断した場合。

当会は、前項の規定により、本サービスの運営を中止・中断するときは、あらかじめその旨を利用者に通知するものとします。但し、緊急をやむを得ない場合は、この限りではありません。

第14条(権利の帰属)

本サービスを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、サービス、手続き、商標及び商号並びに本サービスにより提供されるサービス等及びそれに付随する技術全般に関する権利は、当会又は依頼企業等に帰属するものであり、利用者は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。

第15条(権利及び義務の譲渡)

当会は、利用者の事前の承諾を得ることなく、本規約に基づく権利を当会の関連組織に譲渡し、また、本規約に基づく義務を当該関連組織に引き受けさせることができるものとし、利用者は、これに異議なく同意します。

第16条(サービス提供に関する免責事項)

本サービス提供における、遅滞、変更、中断、中止、停止及び廃止、本サービスを通じて登録又は提供される情報等の流出もしくは消失並びにその他本サービスに関連して発生した利用者又は第三者の損害について、別途定めがある場合を除いて、当会は一切の責任を負わないものとします。
当会は、本サービスへのアクセス制限、本サービスの中止・中断などの発生により、利用者又は第三者が被ったいかなる損害についても、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第17条(全般)

本サービスに関連して、利用者と当会との間で紛争が生じた場合には、当事者間において誠意をもって解決するものとします。協議をもって解決しない場合、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を合意管轄裁判所とします。

最終改訂日:改訂中


登録フォーム

※現在使用不可
(全角) 名 (全角)
(全角) 名 (全角)
性別
年  月 
:〒
都道府県:
市町村:
番地など:

 (半角 例:090-1234-****)
身長・体重 cm  kg

お問い合わせ

ボランティア会事務局
0120-419-332
(03-5543-0180)

E-mailでのご質問・お問い合わせは info@mvn.jpまで